お歳暮解体セール実施中!その2

現在、昨年末のお歳暮用に製造した「梅果熟」を解体セールと称して、セール販売を行っております。

<梅林堂>紀州梅干「梅果熟(うめかじゅく)」は塩分約3%と超低塩の梅干です。また、国産のはちみつを使用して梅の酸味をまろやかに仕上げております。塩分を気になさっている方、酸っぱい梅が苦手な方にも是非召し上がっていただきたい梅干です。和歌山県産の完熟梅の中から大粒の4Lサイズを集め、さらに手作業にて肉厚で皮が柔らかい梅を選別しました。柔らかな梅干を一粒一粒丁寧に包み、樽出し時の風味そのままに楽しんでいただけます。

 

昔ながらの梅干の塩分は約20%以上で、現在の主流は8~10%。それに比べると塩分約3%は非常に少なく、従来のご飯のお供の梅干ではなくデザート感覚の梅干です。和歌山の梅林では6月の梅の収穫期、完熟した梅の非常に芳しいフルーティーな甘い香りが広がります。その梅の実のフルーティーさを梅干で表現できないかと開発したのがこの「梅果熟」です。また最近、お客様から「梅干は食べたいけれど塩分が極力少ない梅干は作れないの」とのご意見を数多くいただき、梅の専門店としてお客様のご希望に応えるべく<梅林堂>の商品では初めてとなる塩分3%の梅干が誕生いたしました。

梅はもちろん紀州産で、その中でも全体の収穫量の約10%程しかない大粒4Lサイズ。その中から肉厚で柔らかなものをすべて手作業で選別し、漬け込みから箱詰めまで細心の注意を払って製造しております。商品の開発で一番苦労した点は塩分を抑えると同時に、梅の最大の魅力である酸っぱさも失ってしまうことでした。減塩梅干は水で塩分を脱塩してから調味液に漬け込むことで低い塩分の梅干となるのですが、同時に梅の主な有効成分であるクエン酸なども水に流れ出てしまい、梅本来の味わいを損ねてしまいます。<梅林堂>では水による脱塩工程を行わず、調味液の浸透圧によって塩分を抑えても梅本来の味わいを極力損なわない独自の製法を採用しております。「梅果熟」は様々な試行錯誤の末に、梅の酸味を生かしつつはちみつの甘みでまろやかな味わいの熟した梅のフルーティーな風味が楽しめる梅干に仕上がりました。

12粒が3000円→1950円 20粒が5000円→3000円と現在、大変お買い得となっております。そのかわり賞味期限は3~4か月と少し短いですが是非この機会にご賞味いただければと存じます。